Le journal quotidien d'une étudiante japonaise qui étudie le féminisme à l'université Laval de Québec. ケベック州、ラヴァル大学でフェミニズムを学ぶ日本人学生の日常。

samedi, mars 10, 2007

Cher Monsieur Khadir

Tout d'abord je vous remercie énormèment. Combien j'étais contete de vous rencontrer et de partager vos sensibilités... Votre discours est toujours bien lucide. Votre vision est mondiale, internationale et univesele. Au nom de féministe militante, écologiste, altermondialiste et citoyenne mondiale, on souhaite votre victoire pour le 26 mars. Nous sommes solidaires, nous sommes féministes.

いつもはフランス語であえて書いているブログ。今日だけは日本語で、日本のみなさんにもAmir Khadir氏のことを知って欲しいのです。ケベックでは今月26日に州議会議員選挙が行なわれます。正直、新政党であるQuébec solidaireは厳しい状況にあります。Khadir氏はこの政党のスポークスマンです。男女2人いるスポークスマンのうちのひとりです。Québec solidaireは北米ではじめて選挙の立候補者で女性候補者が男性候補者の数を大きく上回るリストを作成しました。ここで強調したいのはこの政党は単なる女性をターゲットにした女性党ではないということです。ケベックにおいて権力をにぎる二大政党(ケベック党、ケベック自由党)のような権力をQuébec solidaireはもっていません。どちらかと言えばまだまだ若い、弱い政党です。でも彼らには希望があります。ネオリベラリズム、資本主義、貧困、環境、女性、教育、税金など彼らのとりあげる問題は既成政党にはないものがたくさんあります。もちろん、楽観主義、単なるユートピア主義、進歩主義にすぎないとの批判はたくさんあります。でも、考えてください。今、私たちに必要なのはなにか。私は希望だと信じています。Khadir氏のメッセージ、もう一人のスポークスマンであるFrancoise David氏のメッセージは全世界に向けてのメッセージです。聞いてください。心を傾けてください。彼らの言葉に。Khadir氏は世界に向けて語り続けています。


Monsieur Khadir
satomikawawaki
から送られた動画

2 commentaires:

Christian Aubry a dit...

Bravo, Satomi, pour cette entrevue qui précise l'engagement féministe d'Amir Khadir. C'est un nouveau pont que tu jettes entre le Québec et le Japon, entre les hommes et les femmes, entre le Québec "pure laine" et l'altermondialisme d'un Québec moderne conjuguant le futur au présent. Merci beaucoup.

sato a dit...

Salut, Christian. Depuis la fondation de Québec solidaire, heureusement j'ai eu d'occasion d'écouter ses conférences en direct. Mon entrevue est juste 3min mais il a rempli beaucoup de choses intéressantes...